「巷に蔓延るGPS・GPSレンタル業者とは??」

さて昨今のデジタルツールの進化には目を見張るモノがありますよね・・・

 

我々探偵業のツールもここ数年でどんどん進化しています・・・

例えば

移動手段では電車移動がカードやらモバイルで精算出来るようになったコトは、

尾行失敗のリスクが大きく減りました。

証拠映像の点では、撮影が写真からデジカメ・デジタルビデオになり、

小型で発見されにくく更に映像の質・量共に飛躍的に進化しました。

もう一つはモバイルGPSの登場です…

今やスマートフォンなどのモバイル機器には必須であり、精度も飛躍的に進歩しています…

しかし、今やスマートフォンを持っている人なら、

GPS一つで居場所を特定出来てしまうことは周知の事実、

浮気者がGPS機能を切るのは常識になっています。

一昔前なら浮気調査にデジタルツールに疎いご主人や奥様の目を盗んで

アプリやら設定を仕込んで貰い…調査の補助に役立てていた時期もありましたが…

現在ではGPS単体でも小型化が進み、マッチ箱サイズ程度の大きさまで登場しています…

これを浮気しているパートナーの荷物やら車両に仕掛けて、

行動を割り出そうというアイデアは最早これも常識レベルだったりします

無論通信させて位置情報を把握する必要があるため通信業者等との契約が必要となり、

個人で内密に所持するには少しハードルが高い訳です…。

そこで登場しているのがGPSレンタル業者なのです…

さてここで一般の方々でこの情報を知らなければ、

「な~んだもう探偵いらないじゃん」となりますよね…

居場所さえ分かればこっちのもんと…

我々の業務の中で尾行をするのは実はもっとも簡単な仕事、

いわばサルでも出来るレベルなのです・・・

実は最も重要且つ難しいのは決定的証拠の瞬間を映像に収める

「撮影」の技術です。

浮気をしている人物の行動はいつもホテルがゴールとは限りません。

その過程では食事をしたり、映画を観たり、ショッピングをしたり、

浮気している二人の関係性が計り知れる証拠がより多く得られるのがほとんどです…。

ましてやホテルや相手の自宅に出入りする一瞬の映像を撮影出来る技術は持ってますか?

まずは自分でやってみてという素人特有の無鉄砲さはこの場合は感心できません…

何故ならこの場合の失敗は取り返しがつかないからです・・・

もし、レンタルのGPSを入手できたとしましょう…

仕掛けるのは自己責任です、もし仕掛けたGPSを見つかったら、

当然の事ながら二度と同じ手口は通用しません…

その時はプロに頼めばいいやなどと安易に考えてはいけません…

警戒心がある人物の調査は例えプロといえ至難の業なのです…。

当然査にか調ける人員も日数も料金も莫大になってしまう可能性があります。

いかがでしょう?それでもGPSレンタルというギャンブルに頼ってみますか??

 

2019年11月12日

調査を失敗しないためのあまりにもシンプルで唯一の方法とは!?

~探偵がクライアントの目の前では決して語らない本音~

 

このコラムを読んでいるアナタはラッキーです。

 

調査失敗のリスクが激減するのですから!

 

このサイトに様々なヒントを求めてワラにもすがる気持ちでご覧になっていると思います・・・

 

或いは不安に駆られてわけの分からない言動をしてしまったヒトもあるのではないでしょうか?

 

心配ありません!

 

私が語ることは非常にシンプルで、

 

しかも誰にでも出来ます!!

 

悩み事は様々あるでしょうが、失敗しないための重要なポイントはたった一つです!

 

アナタは「何もしない事」

 

です

 

「?」

 

これでは分かりませんよね、表現方法を変えましょう。

 

「必要以上に自分で調べない事!」

 

です!

 

これでも分かり難いですよね、

 

これは「素人は首を突っ込まないで、我々に調査を任せてればいい」

 

といった浅い意味ではありません!

(ま、たまには余計な一言で対象者にバレてしまうお客様も結構いるのは事実ですが・・・)

 

ではもう少し核心を・・・

 

昨今では様々な調査手法や解決策が本サイトも含め多々紹介されており、

 

「浮気調査マニュアル」「探偵マニュアル」はたまた「復縁マニュアル」まで販売される始末

 

探偵でない方なら

 

「これなら自分にも出来るかも!?」

 

と安易に調査のやり方を捉えてしまいがちです。

 

簡単で自分で出来るなら何故調べてはいけないのか?

 

ごもっともだと思います・・・私も探偵でない別の仕事をしていたら間違いなくそう考えるでしょう!

 

ヒントです・・・

 

アナタは対象者(調べたい人)を知っているか知らないか分かりませんが、

 

同様に対象者がアナタのコトを知っているか知らないか分からないからです・・・。

 

「???」

 

さあ、疑問符が沢山出てきましたね・・・

 

でも安心してください!

 

このコラムを読み終わる頃には、

 

たった一つの答えが理解できますから・・・

 

いくつか例を挙げてみましょう・・・

 

浮気相手の自宅らしきマンションが分かったとします、

 

相手の顔はわかりませんが、名前もそして今日会う事も分かりました!!

 

当然居ても立ってもおられず、自宅マンションの近くで張り込みをする事にしました・・・

 

上記のシチュエーションにいくつ失敗のワナがあるでしょうか?

 

まず、突っ立って張り込みをしたら近隣住民に数時間で通報されます!

 

かけつけた警察官にアナタはどのような対処をしますか?

 

まだ証拠も何もない状態で・・・

 

では車で張り込みをしたとします、通報の可能性は若干減りましたが、

 

浮気相手はアナタの車輌を認識していたらどうしますか?

 

尾行でもまず同じリスクが考えられます、尾行の前には必ず張り込みがあります!

 

対象者を尾行するのは勤務先からですか?それとも自宅からですか?

 

自宅ならそんなに問題はないでしょうが、

 

勤務先の近辺でアナタが対象者を待っていて

 

その姿を対象者の同僚に見られていたらどうします?

 

アナタの顔を認識している人物を尾行するのはまず不可能なのです・・・

 

出来るとしたら強運の持ち主です!

 

もし対象者が鈍感であっても浮気相手はそうでない場合もあります!

 

あなたの顔を浮気相手が認識していたら・・・

 

まず警戒して二度とシッポは掴めないでしょう!

 

浮気で悩んで離婚しようかという人生の分岐点を、

 

果たしてアナタは運任せにできますか?

 

それでも、

 

「お金も掛かるしまず自分でやってみて、ダメならプロに頼めばいいや・・・」

 

という考えはないですか?

 

上記のように相手に先に認識されたあとの調査は、

 

例えプロでも難易度は飛躍的に増します!

 

尾行に掛ける日数・人数や機材も増えることになり、

 

結果的に料金もかさんでしまうコトになるのです・・・。

 

一度でも自分で尾行をした事があるなら、ハッキリ探偵社に伝えてから依頼するコトです。

 

警戒行動をとる事はもちろんのコト、

 

対象者はアナタを先に認識しても気付かないフリをしている場合も多いからです・・・。

(我々が調査をすると前に何かしら調査されたコトを認識している対象者はほぼ分かります)

 

更に証拠映像を撮ろうと考えたら、どうですか?

 

全く気付かれずに撮影できる技術は持っていますか?

 

世の中、各探偵社や情報サイトで紹介されている甘い話やイイ話には必ず

 

落とし穴が存在します!

 

現実は厳しいのです!

 

探偵の知識は簡単に手に入っても、

 

技術は一朝一夕では手に入りません!!

 

例えるなら英会話のマニュアルと一緒です!

 

いくら熟読したところで読んだだけでは

 

実際の英会話を出来るヒトは皆無なのでは?

 

修練を積まない限り技術は手に入らないのです!!

 

もちろん人探しにも同様なコトが言えます、

 

自分自身で様々な調査手法を駆使したものの、

 

結果が分かる前に調べていた相手がアナタだと分かっては、

 

そこからの情報は二度と掴めなくなってしまう場合もあるのですから・・・

 

もちろん探偵社なら「守秘義務」がありますし、「秘密厳守」も当然です!

 

誰にも知られずに調査するのが大原則ですから、リスクを回避できるのです。

 

上記はほんの一例だと思ってください!

 

最後に・・・

 

何故!?こんな「業界のタブーじみたコトまでバッシングを省みずWEBに公開するのか???」

 

それは皆さんに業界の真実を知って欲しい!

 

そして悪徳業者に騙されて欲しくないからです!!

 

それでも奇麗事に聞えるかも知れませんね、それは否定しませんが

 

私は本気です!

 

一つ本音を言わせてもらえれば、

 

皆さんが情報に踊らされて様々な策を弄した挙句に結果も出ず、

 

対象者(調べる相手)が水面下に潜り、調査自体が不可能な状態になってから、

 

過大な期待をされてもお互い(皆さんは料金面で私どもは難易度で)困るからです・・・。

 

情報は自分自身でキチンと取捨選択するのが大切!!

 

最初の方でも書きましたが、不安な気持ちに突き動かされて上記のような行動を

 

取ってしまった方も沢山いるかと思います。

 

それでもまだ大丈夫です!

 

それは何度も書きますが、我々に自分でどこまで調べたのかを

 

正直に伝えておいて頂ければいいのです。

 

こちらも事前情報があれば、細心の注意を払い様々な手段を提案し

 

解決するように致します。

 

いかがですか?少しは分かって頂けましたか?

 

失敗したくなければ、

 

まず相談!!

 

これが(安い料金で)解決の近道!!

 

WEBでは書ききれない(書けない)解決のテクニックや情報もまだまだあるんです!!

浮気を二度とさせない方法

修復・復縁のステップ

慰謝料を弁護士よりも高く取る簡単究極のテクニック

セックスレスの解決

パートナーに気付かれずに浮気相手と交際禁止にする方法!

などなど・・・

お客様の本当の悩み解決のお手伝いをいたします!

2019年11月4日 カテゴリー : 未分類 投稿者 : agent-s 編集
2019年11月4日

調査料金にバラつきがあるのは何故??

ここでは他社との比較をお答えします。

一番問い合わせの多い浮気の尾行調査を例にしてみます。

様々な料金システムがあって悩んでしまうことと思いますが、

一人一時間当たりでいくらなのか?

で、ほとんどの皆さんは単純に比較してしまいがちです。

それは「間違いです。」

もちろん調査をする手法やシチュエーションも大切ですが、

その探偵社や探偵の業務内容をもっと追求するなら、

「アナタの調査をどんなレベルの探偵が調査してくれるのか?」

が一番の問題です!

大手探偵社を名乗るホームページには自社独自の学校に行ってるとか、

専門の教育を受けたプロフェッショナルが等々、

いかにも立派なことを書いてますが、

さてどうでしょう?教育を受ければプロでしょうか?

仕事の現場レベルではそんな事通用しないですよね?

やはり現場の場数を踏んだキャリアに勝るものはありません!

探偵は職人の集まりで構成されています!

優れた職人(探偵)は一朝一夕で育ったりはしないのです。

だから失敗しても全然痛手のない「完全成功報酬」などと、

体のいい料金体制を謳っている探偵や探偵社が存在しているのです。

調査にとって成功するよりもっと重要なことは失敗しないことです。

尾行調査ではバレないで追いきることに他なりません!

※バレる=調査が二度と出来ない状態に陥ってしまうからです。

尾行調査において著しく安かったり、

成功報酬を謳っている探偵は失敗の可能性が限りなく高い事を是非覚えておきましょう!

更に探偵社選びに料金で迷っている方に付け加えるなら、

尾行は探偵にとって基本の「き」です、技術のある探偵は、

証拠を得る能力すなわち撮影や張り込みの技術が優れているのです。

尾行しながらの撮影は素人には中々真似できません!

まして肝心な証拠を一瞬で捉えるには何年も現場に出てなければ身に付きません!

手前みそになりますが、我々セイバーズでは教育を受ける事はもちろん、調査担当者は10年以上の経験者か、

それに匹敵する能力がある代表の私自身が認めた探偵しか調査現場に派遣しません!

それ故に調査のクオリティに絶対の自信を持っています。

ポイントとしては調査報告のサンプルや動画は必ず見せてもらいましょう!

料金体制の違いや、わずかな料金単価の差で安い質の悪い探偵や、

大手を語る似非探偵で失敗しないように充分にご注意願います。

2019年10月28日

「浮気の証拠って一回でもいいの??」

 

 

 

皆さん案外ご存知ないので改めて説明しておきますと、

離婚請求や慰謝料請求が出来る不貞行為とは…

配偶者以外との継続的な肉体関係を確認すること

そうなんです、1回ホテルに行っただけでは証拠としては薄いのです!

まして慰謝料を取るなんてのはまず不可能に近いと思ってください!

ですが!

浮気の証拠を一回の調査で100点満点にする方法があるんです!!

それは浮気相手との「旅行」です。

お正月休みが長期休暇或いはお正月中は仕事で、

世間の皆さんとは休日・休暇が違う方の為に もう一度おさらいしておきます。

浮気調査では不貞の証拠を収集するのがほとんどの目的です・・・

但し普段の生活の中でそのタイミングを計るのは、 中々難しいモノなのです・・・

それが正月休みになれば、主婦の皆様は子供の面倒で付きっきりの方も居れば、

それこそ逆に自由な時間が増える方もいらっしゃるハズです。

仮にその接触するであろう日がピンポイントで分かったとしても、

食事で終わったり、飲むだけで終わったりなんていうのは調査を行っていて結構あるものです。

そんな日常生活の中で不貞の証拠(配偶者以外との継続的な肉体関係の有無)を掴むのは、

案外難しい事は皆さんでも容易に想像でき、調査依頼を躊躇させている要因になっているのは当然でしょう・・・。

が、しかし!!

旅行となれば話は全く別問題です・・・

この時期浮気の怪しい気配を感じていて、外泊ましてや旅行の予定があなた以外とあるのなら

千載一遇のチャンス到来です!

さて何故旅行が不貞の証拠として100点満点なのか?という事ですが・・・

考えてみて下さい・・・誰かと交際してすぐ旅行に・・・なんてなりますか?

その事から、旅行=継続的な関係である事が客観的に分かります。

泊まる=肉体関係は100%ありますよね?

この事から不倫や浮気での旅行は、継続的肉体関係が有る事をたった一回の調査で立証できる訳なのです!

そしてもう一つの大事なポイントとして

正月休みや長い休みの直前と休み明けも、

浮気をしている心理・データ上必ずと言っていいほど接触します!!

まさしくこの時期です!!

躊躇してる場合では無いですよ!

チャンスは二度とないかも知れません、

なぜなら終わった過去の関係を調査で立証するのは、

いくら悔やんでもいくらお金を出しても出来ません!

やるなら今しかないのです!

どうでしょうか?少しはお役に立てましたでしょうか?

梅雨時は尾行のチャンス!!

実は私たち探偵も梅雨時に調査に行くのは正直イヤだ…

のっけからこんな事書くのは意欲を感じられず不謹慎とも思われるかも知れませんが…

単純に雨で視界が悪くなったり思考が鈍ったり、

特に長い立ち張り(立ってしか張り込み出来ないコト)は想像したくもないし、

それに2~3時間も同じ場所にいれば即不審者として通報されるのがオチだったりします。

そんな梅雨時の調査ですが、決して悪い事ばかりでもありません。

雨の日は最も尾行が成功しやすい日だったりするからです。

それは何故か?

傘を差しているから調査対象者は尾行(探偵)を認識し辛い。

たとえ警戒して振り返ったり、辺りを見渡してもこちらも傘を差しているため、

まず認知されないからです!

車両尾行の場合でも雨で視界不良のため、注意が前方に集中します。

よって後方からの尾行車両には全く気付かないのです。

故に警戒心の塊のような対象者を尾行するには雨の日はうってつけだったりします。

梅雨時はそういう意味ではチャンス到来です!!

秘密裏に内緒で浮気を暴きたい!という方は是非ご相談を!!

2019年6月12日

浮気を解決する年に2回だけのチャンス!

少し大げさかもしれませんが、浮気問題で悩んでいる方には朗報です。

パートナーの言動が最近どうも怪しいと思っている方、

確証はないけどもしや浮気しているのでは?と悩んでいる方、

この時期にはそんな不安を払拭させるチャンス到来です!

そう言わずもがな「バレンタインデー」があるからです。

浮気の問題はもちろん年柄年中ある訳なのですが、

浮気の悩みで一番多いのは「尻尾を掴む事が出来ない」がダントツです。

それが「バレンタインデー」ともなれば浮気相手と接触する日がハッキリ分かる日だからです。

証拠を掴むことが浮気問題を解決する第一歩です!!

ちなみに年に二度のあともう一日は「クリスマス」ですが…

今もやもやして悩んでいる方は是非ご相談ください!

どんどん調査予約で埋まっていくのも今週辺りからです!!

ご相談は今すぐ!!

2019年2月5日

年末年始にばら蒔かれる浮気の種??

皆様お正月気分は抜けたでしょうか??

年明け特に仕事始めは妙に脱力感ありますよね~

かくゆう私もサラリーマン時代は連休明けや盆暮れはアンニュイな気分になっておりました・・・

さてタイトルにもある浮気の種はどの畑にばらまかれるのか?

キーワードは「連休」です・・・

長い休みに皆さんは何をします??

旅行?買い物?観光?・・・そう!帰省です・・・

帰省をする方は特に年末年始が多いのではないでしょうか?

帰省をして会うのは親・兄弟・親戚だけではないですよね?

知人や古くからの地元の友人に再会する方も多いと思います・・・

そこで昔話に花が咲き、ついついかつての恋心も再燃する方も少なくはないのです・・・

特に現在はコミュニケーションツールが発達し、自身のパートナーに内緒でコンタクトを取る方法は限りなくあるといっても過言ではありませんよね・・・

そんな訳で帰省後に浮気の種が芽を出すケースは案外多いのです。

皆さんも帰省時や帰省後のパートナーの動向にはちょっと注意したほうがイイかもしれませんね・・・

2019年1月8日

「知らなきゃ損する別居の罠・・・~別居後の浮気って立証できるの?~」

結論は

出来ます!

ある方法がハマれば・・・

実はこういう件は昨今大変多くの相談を受けます・・・

今や別居をしてからの離婚は浮気や不倫をしている人の隠れ蓑になっているトレンド裏ワザなのです

結婚生活でちょっとしたきまずい雰囲気になったり、些細な事がきっかけで不仲になって、ふとこのまま出て行こうかな?とか離婚まではいかないけど距離をおきたい・・・

或いはパートナーの態度が豹変し一緒に居る事が苦痛で・・・

はたまた離婚の条件がまとまらないので毎日夫婦喧嘩の泥仕合が続いてうんざり・・・

いっその事別居した方が話し合いがまとまったり、関係を修復出来るのでは?

なんて考えてる人は案外多いのです・・・

しかし、安易に別居はいかがなものでしょう?

実は別居にはとんでもない罠が隠されています!

その罠とは・・・

なぜ別居に罠があるのか?

法律では夫婦は同居が前提として義務付けられています。

簡単に説明すると夫婦は互いに協力し助け合いながら生活する、という事ですから、

別居する原因を作った側には、法的に落ち度があるということになってしまいます。

しかし理由がキチンとあれば別居も認められます(単身赴任等)し、互いに合意していれば、違反にはなりません。

じゃあ一体何が罠なんだ?となるでしょうが、我々が相談を受けるよくある実例を元に考えてみて下さい!

まず諸事情で深く考えず別居をしてしまったとします・・・

例えば転勤で自宅から通いづらい距離になった、

前述のように不仲になって旦那の態度に嫌気がさして等・・・

別居後実はパートナーの浮気があった事が判明したとします・・・

しかし、その浮気を立証するための不貞の証拠が別居後に収集されてしまっては、

全くと言っていいほど効力がなくなってしまいます!

法律的な見解では、仮に不仲に嫌気がさして飛び出したのがアナタなら、アナタが別居の、しいては離婚の原因を作ったという事になりかねません!

なぜなら調停や裁判では客観的な事実や第三者の判断に基づいて判断するからです・・・

どういうことかと言うと・・・

ここでは、

①不仲になり嫌気がさしてアナタが出て行った。

 

② 修復が困難で夫婦関係が破たんした。

 

③ 浮気をしてしまったが上記の理由がある

ととられてしまう訳です・・・

子供を置いてきたり、生活費を払わないなんて事をしてたりすると、

慰謝料を請求されり、生活費を別居を始めた日に遡って請求されたりしますよ!

どうですか?もうすでに術中にはまり、あるいは自ら進んで、ついつい別居したりしていませんか?

まだ別居をしていないならそれは幸いです・・・

中々難しいのでしょうが出来るのであれば別居の合意書を作成しておきましょう!

もちろん生活費などもキッチリ取り決めをして(婚姻費用生活分担といいます)

公正証書を作成します!(最低でも書面にして双方でサインをしましょう)

さて、もう別居をしてしまった方、上記に中々合意に達しなくて日々辛い思いをしている方、

それでも決して方法が無いわけではありませんよ!

その方法とは・・・

さて、別居にも色々ハードルがあって大変な事は理解できたかと思います・・・

え?肝心な方法の答えが出てないって?

これはかなりシンプルながら高度な方法なのでメッセージやメールで相談、問い合わせいただければ直接お知らせ致します。